カーボンヒータ式バッチ炉

設備概要
カーボンヒータ、カーボンレトルト採用によりN2orAr雰囲気下でMax2500℃のバッチ処理を可能にした設備です。
設備特長
●高温雰囲気下で連続焼成が可能。
●カーボンヒータ採用により立上げが短時間。
●容易に温度制御が可能。
設備用途
高温雰囲気での焼成・溶融 等
主要用途
二次電池材料、炭素導電材料、各種電子材料、各種金属、雑固体の溶融 等