沿革

HOME > 企業情報 > 沿革
沿革
1922
田辺鉄工所創業
1951
田辺化工機株式会社設立
1957
7,000kVA 銑鉄用密閉型電気炉納入
1960
4,500kVA FeMn用電気炉、15,000kVA CaC2用炉体回転型電気炉納入
1963
5,400kVA CaC2用電気炉を韓国へ輸出
1968
50t/d重油焚石灰炉納入
1977
大野工場完成
1982
本社を新潟県糸魚川市大野978へ移す
1984
タナベ電子株式会社設立
エナメル線用ガス直燃式光輝焼鈍炉納入
1985
自動化・省力化機器部門と工業加熱部門を統合し、新たに産機システム事業部と
熱システム事業部として発足
1987
PWTF溶融固化設備(プルトニウム廃棄物処理設備)納入
ロックウール用電気炉をフィンランドへ輸出
ダクロダイズド焼付設備納入
1989
連続式真空ホットプレス設備納入
1991
社名を”株式会社タナベ”に改称
1992
JFE(旧NKK)殿と電気抵抗式灰溶融炉の共同開発開始
UBCデラッカリングプラント納入
1993
廃石綿等溶融電気炉設備納入
1994
冷蔵庫用真空断熱材製造ライン納入
1996
バーナ式廃石綿専用溶融炉設備納入
核燃料用被覆燃料粒子製造装置納入
1997
電気抵抗式灰溶融炉を八王子市へ納入
バーナ式灰溶融実証炉を社内実験棟に設置
1998
自動車用ディスクパッド焼成炉をフランスへ納入
1999
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/JFE(旧NKK)殿と中国で
CO2削減電気炉省エネモデル事業着工
2000
タナベ電子株式会社新社屋竣工
バーナ式灰溶融炉設備を鹿児島県日置地区に納入
2001
創立50周年記念事業
・タナベビル(日本橋小網町)に東京本部を移転
・ISO9001の認証取得
2002
春日井市・八街市・富士吉田市等 各所自治体に灰溶融炉設備を納入
2004
鋳造事業部が船級協会DNV(ノルウェー)の認証を取得
2005
過熱水蒸気(SHS)利用設備の開発
(財)にいがた産業創造機構(NICO)殿わざづくり支援事業採択
2006
NICO殿わざづくり支援事業で金属切粉脱脂実証炉を社内実験棟に設置
NEDO殿マグネシウム鍛造部材技術開発プロジェクトに参画
2007
SHS金属切粉脱脂設備納入
NEDO殿マグネシウム鍛造部材技術開発プロジェクトでリサイクル実証炉を社内実験棟に設置
2008
鋳造工場増設
2009
全国中小企業団体中央会殿ものづくり中小企業製品開発等支援事業採択
2010
リチウムイオン電池原料焼成大型キルンを納入
2011
創立60周年
ISO14001の認証取得
2012
創業90周年
2013
中国初の高炉スラグ溶融ロックウール製造用電気炉納入
2014
ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業採択
「カーボンナノファイバーの高温連続焼成技術の開発」
39,000KVA FeCr用電気炉4基を中国に納入
2015
リチウムイオン原料用ロータリーキルン設備納入
2016
社内実験棟新設